プリザーブドフラワーの花束プレゼント

これまでに花をプレゼントしてもらってうれしかったのは、
サークルで、誕生月に、プリザーブドフラワーの花束をもらいました。
それが全くのサプライズだったことと、その赤色があざやかでたっぷり入っていたことが印象的でした。
花束は、一輪とか、たっぷりというのは印象に残るように思いました。
次に印象に残ったのは、母の日に義理の息子からカーネーションの鉢をもらったことです。
これもまた、予想してなかったことと、赤色があざやかだったことが心に残りました。
両方、一種類だったのも良かったかもしれません。

カーネーションは、しばらくして、ベランダのプランターに植え替えました。
部屋での鉢植えよりも管理も簡単で、冬越しできて来年の春に咲いたら送り主に画像を送れたらいいなと思っています。

花を贈ったことはあまりないですが、近所の花友とは、こぼれ種から発芽した宿根草の苗を送りあっています。
これは、お金もかからないし、お互い気楽でうれしい贈り物です。