インテリアとしても際立つプリザーブドフラワーの注文の仕方

花の贈り物は、胡蝶蘭みたいな発想に捉われると、窮屈ですが実はけっこう気軽なものです。
文字通り花があってよいもの、そもそも「プレゼント」として非日常である、目立つ点が花のいいところです。

またミニ鉢に植えられているサボテンなんかもいいですね。
植物への関心が低い人には、このようなインテリア性の高い物を送るといいかもしれません。

このように贈る理由、相手の立場を花屋であれこれ考えるのは、けっこう楽しいものです。
また他の贈り物にはない特徴として「プリザーブドフラワー」があります。
実際の作業は花屋さんがしてくれますので、インターネットで注文するだけです。

ちなみに、私の選び方のコツは「軽く自分を出すこと」です。
相手の好み100%では印象に残りづらいですね。
目上の男性に贈る場合などは、女性からとして少しかわいげなものを入れておくと、もらった方も新鮮です。
相手の家族を考慮するのもよいですね。

また、たまには、自分用アレンジを作ってもらうのも、楽しい感じ、花とともに生きる生活は、なかなかいいものです。